トップページ部門・センター紹介 > 救急科

救急科

救急科の特徴

救急科は365日24時間通じて、全ての診療科の専門医と協力体制をとり、外傷・中枢神経障害の治療を軸にあらゆる救急患者に対応できる体制をとっています。
重症例においては確実かつ迅速な救急処置の後に更に高度な専門的治療を提供します。
あらゆる患者さんの危機的状況を速やかに解消できるよう、努力していきたいと考えています。

担当医師紹介

中村 賢二

■救急科科長 ■救急科部長 ■災害対策室部長 ■消化器外科部長

日本消化器外科学会消化器外科指導医・専門医/日本外科学会指導医・外科専門医/日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医/日本がん治療認定医機構がん治療認定医

消化器(食道・胃・大腸)/外科全般(1992年卒)

大竹 晶子

■救急科医師

日本救急医学会救急科専門医

救急診療全般/重症管理(2015年卒)

蓑田 恒平

■救急科医師

救急診療全般(2018年卒)